FUNAI製エンジン搭載の次世代インクジェット。
WL200

フラットベッド・プリンター
 
フラットベッド・プリンター
 

WL200

わずか6.3kgの持ち運べる軽さ!Funai製エンジンを搭載したMakejetオリジナルのフラットベッド・水性インクジェットプリンタです。0.01mm~最大23.5㎝(※1)の厚みのある素材を印刷することが出来ます。タブレットやスマートフォンで使えるAndroidアプリで簡単操作ができます。

(※1) オプション品M10-300使用時の場合。標準品M10-200使用時は最大12.5cmの厚みまで。

 

販売サイト

MAKE.JETオンラインショップ

 
プリント方式 インクジェット方式(サーマルヘッド)
印刷解像度 副走査方向 600/1200/4800dpi
主走査方向 1200dpi
印刷可能範囲

210mm×297mm(A4サイズ)

外形寸法 W562.6×H116.5×D580(mm)※突起物を含む
重量 約6.3kg
電源 ACアダプタ(入力電圧100-240V AC)
インターフェイス USB2.0、Type-C / Wi-Fi
用紙送り ヘッドユニットムービング

専用のソフトウェアで直感的かつスムーズなプリントを実現

使いやすさの秘密は専用アプリ。お手持ちのスマートフォンやタブレットにアプリをインストールして操作。プリントするのに専門知識や細かな設定を覚える必要、一切なし!直感的に操作ができるアプリを使ってどなたでも簡単プリント!

※Androidスマートフォン、Androidタブレットに限ります。
 
印刷アプリ概要(musasabi App)
対応OS Andoroid(Version 5 ~ 10.0)
※Mac OS、iOS、Linux等非対応
必要要件 3GB以上のRAM搭載のデバイス推奨
画像ファイル

Jpeg 形式
(ベースラインのみ対応。プログレッシブには対応していません。)

フラットベッド・プリンター

壁へのプリント

WL200を使った壁へのプリントの例です。印刷可能範囲は、A5サイズ程度までとなります。A5サイズ以上の壁へのプリントは色かすれが起こる可能性があります。壁の色が濃い場合は、プリントが見えにくくなります。

Tシャツへのプリント

WL200を使ったTシャツプリントの例です。WL200以外は別途必要になります。色の濃いTシャツの場合は、プリントが見えにくくなります。色の濃いTシャツへのプリントはシルクスクリーン印刷や白インクによる下地形成が必要となります。

 

WL200以外に必要なもの

  • Tシャツ(白に近い無地が好ましい)
  • 前処理剤
  • 後処理剤
  • シリコンペーパー
  • ヒートプレスできる機械
 

Tシャツへのプリントの手順

  • 手順1. 前処理剤をTシャツに塗布しローラーで均一にならします。
  • 手順2. ヒートプレスします。
  • 手順3. 治具にTシャツをセットします。
  • 手順4. WL200をセットします。
  • 手順5. アプリを使って印刷データを送ります。
  • 手順6. シリコンペーパーをTシャツの上に敷き、ヒートプレスします。
  • 手順7. 後処理剤をTシャツに塗布しローラーで均一にならします。
  • 手順8. 最後にもう一度ヒートプレスをします。

木材へのプリント

WL200を使ったTシャツプリントの例です。WL200以外は別途必要になります。色の濃い木材の場合は、プリントが見えにくくなります。色の濃い木材へのプリントは、白スプレーなどによる下地形成が必要となります。

 

WL200以外に必要なもの

  • 木材(薄い色が好ましい)
  • 下処理剤、白スプレー(色の濃いものへプリントする場合)
  • トップコート(表面を保護する場合)